ホーム
ホーム
子供達の笑い声が「やさしく響く」木の空間。

大きな吹抜け脇の階段を上がると2階は子供達が遊べる多目的スペース。その隣には奥様とお子様2人はそれぞれの個室があり、そこからさらに3階へ上がるとご主人の就寝スペースである屋根裏部屋が現れます。夏は涼しく冬は暖かい構造のため、それぞれの空間に仕切りが無くても快適に過ごすことができます。

この家を建てる前に、私の実家が大工産で家を建て替えたんです。
母が「木の家はあったかくて空気がいい。」と言ってたのですが、実際に玄関に入ってみて納得しました。木のいい香りと、裸足で床を踏みしめた時の感覚が本当に気持ちがよくて。
家を買い替えるなんて思ってもみなかったんですけど、「この家に住みたい!」という気持ちが一気に高まりました。

 

家族構成  :ご夫婦・お子様2人

 

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

 

実は大工産で家を建てる前に戸建てを購入していたんですが、夏は暑く冬は部屋の中にいても寒さがひどくて、住み難さを感じながら生活をしていました。以前住んでいた家は中二階に洗濯機があって子供が野球から帰ってくると、泥んこのまま中二階に駆け上がるんですよね。玄関から中二階までの廊下と階段に砂がこぼれ落ちてしまうので毎日の掃除が大変でした。

 

ホーム

ホーム

ホーム
 


 

この家の好きな所は、遠慮なくDIYが楽しめるところ。

〜ご家族のお気に入りポイント〜

 

新しく家を建てる際は設計の担当者と、動線についてとことん話し合いました。
玄関→シュークローゼット→脱衣スペース→洗濯機→洗面所→お風呂という感じで、泥んこで帰ってきた子供たちの汚れをリビングに持ち込まないような動線を考えました。

家の中が木で作られているからですかね。以前の住まいに比べて時間の流れがゆっくり感じられるようになりました。
家族みんなでのんびりと家でくつろぐようになって、特に子供たちは集中して勉強するようになりました。
リビングに吹抜けがあるので、家族の声が自然に響くのがとても心地良く感じます。

今の家の好きなところは、遠慮なくDIYを楽しめるところ。以前住んでいた家は壁に釘やフックを付けることができなかったのですが、今の家は釘を打ったり穴をあけてパイプを通して自己流のクローゼットを作ったりと、思いのままに自分で変化をつけることができて本当に楽しい。気がつくと家中にフックを沢山作ってしまいそうになるくらいです。将来は吹抜け部分に板を通して床にして、個室をもう一つ作ろうと考えています。「この家はまだまだ完成していない。」そう思えるところが面白いですね。

 

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

Copyright © DAIKOUSAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.


お問い合わせ

079-435-5252

お問い合わせ