ホーム
ホーム
今までの不満を、ぜ〜んぶ解消できたお家。

落ち着いたモノトーンの外観から家に入ると、天井付近まで靴を収納できるシューズクロークのおかげで、すっきりとした玄関が迎えてくれます。1階には、何でもしまえるキッチンがあり、2階には、私の服を片付けられるクロークや夫の部屋と繋がった収納スペースがあります。いつでも人を呼べるような綺麗さを保ちたくて収納に強くこだわりました。

家を建てる前は、マンションに住んでいました。収納が少なく、靴や服を片付ける為に一室を収納スペースにしていました。こんな暮らしに嫌気もさし、一戸建てに住みたかった気持ちもあって思い切って家を探し始めました。

家を買うなら安心安全な家を買いたいと思い、様々なメーカーを見ましたが、どこも理想の家を建ててくれそうになく購入には至りませんでした。そこで、大工産を尋ねると、身体に優しい自然素材を使って、家のつくりかた、考えかた、断熱とかもきちんとしていたので「ここだ!」と心惹かれて決めました。

 

家族構成:ご夫婦

 

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

 

前に住んでいたマンションだと気づけば綿埃が出ていたのに、木の床になってから出てくる事がなくなりました。カーペットや絨毯もないので必死になって掃除機をかける必要も無いですし、簡単な拭き掃除だけでラクラクキレイになります。収納がたくさんあるから、「一旦モノを移動させ、掃除して、またモノを元へ戻す」という煩わしさも無くなりました。

 

ホーム

ホーム

ホーム
 



〜夏の過ごしやすさ

 

収納のことだけでなく、暮らしやすさもこの家の魅力ですね。
家を購入する前、旦那は、「気密性や断熱性なんてあってもなくても変わらんやろう。」と思っていたようです。でも今では、大工産の気密性や断熱性のおかげでどの部屋に行ってもほぼ一定の室温で過ごしやすく感じます。
驚いたのが、夏に外に出かけて帰ってきた時も家に入ると涼しかったことですね。エアコンを切って家を出たのですが、その時の温度のまま涼しさが残っていてさわやかな心地になりました。

マンションに住んでいた頃は、夏と冬の気温が身体に辛く、部屋の狭さが息苦しかったので、休日になったら必ずどこかへ出かけて過ごしていました。
でも、今では家で過ごす事が当たり前のようになりました。この家で、ごはんを食べて、ソファーでくつろいで、好きなテレビを見て、和室でごろんと横になれることが今はとても幸せです。

1階には必ず和室を作ろうって考えました。
和室があれば、両親に何かあっても一緒に暮らせますし、私たちがお年寄りになったときに時間を気にせず、いつでも安らげるのではないかと思い作っていただきました。でも、お年寄りにならずとも旦那は和室を利用して、い草の香りに包まれていつもぐっすりと気持ち良さそうに昼寝しています。

2階の寝室は、天井が高くて圧迫感がないので、とても開放的な気持ちで眠れます。
隣には、高い天井のおかげで服がたくさんしまえるクロークスペースもあります。私は、服や靴の収集が趣味なのですが、このクロークスペースを作って貰ったおかげでいつでもパッと目的の服がとれるようになり、片付けに時間を取られずゆっくりと落ち着いてお茶もできるようになりました。

 

ホーム
ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

Copyright © DAIKOUSAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.


お問い合わせ

079-435-5252

お問い合わせ