ホーム大工産の想いニュース22℃の家大工産の家の過ごし方施工事例スタッフ会社概要お問い合わせ
ホーム
ホーム
代表取締役  田中 義弘

私たちの原点はお客様に「建てて良かった」「とても心地いいわ」と心から思って頂きたい、その一心で全てがはじまりました。

「木の家の心地良さ」を残しながら「高断熱」という両立を大きな目標に、多くの人に知恵を借りながら、必死に勉強して参りました。

その両立を実現することが、お客様の毎日の暮らしを豊かにすることに繋がっており、私たちだけにしかできない得意分野でもあります。

まだまだ課題も多くありますが、その価値をよりいっそう高め、この加古川という地域で大工産は無くてはならない存在だと思って頂けるような、そんな地元の頼れる工務店でありたいと思っております。

ホーム
執行役員専務  網干 勝

私が一番大切にしていることは、私たち大工産のメンバーとお客様の間にしっかりとした「信頼・安心」の関係を築くこと。

お客様にオススメするものはまず私が「自信を持って良いと感じるもの」でないとオススメしたくありません。

実は私自身、大工産の家が良いと感じ、好きで入社したからこそ自信を持って本音でお客様とお話させて頂きます。

当たり前の事かもしれませんが、お客様のお話をしっかりと聞き、その中でお客様が本当に望んでいる事は何なのかを咀嚼しながら、わかりやすくプランのご提案をさせて頂くように心掛けています。

 

ホーム
執行役員常務  石橋 正樹

家というものは、従来の建築方法に固執し過ぎると未来はないと私は考えております。 刻一刻と時代は変化し、それに伴って家も変化しなければならないと感じております。

その変化にはまず十分な知識を持つ事。そして柔軟に対応していかなければならないと感じています。その為に日々、現場に出たり、ある大学の教授と一緒に家のデータ収集に行ったりして「生きた知識」を深めています。

家は良い木を使うから良い家が建つのではなく、木の働きをうまく活かした家こそが本当の意味で良い家だと感じています。私たちはこれからもずっと、お客様により快適なくらしができるように努力して参りたいと思います。

ホーム
店長  田中 克幸

旅行が好きで、海外旅行によく行きます。
旅行中もいつもアンテナを立てており、例えばホテルの建物やインテリアなど、気になると写真に残し、常にアイデアの引き出しを増やしていきます。

私のスタイルは、住んで頂いて終わりという考えではなく、それ以降も定期的にメンテナンスでお伺いしたり、お客様と親密にコミュニケーションを図るように心掛けています。

接客をしていて1つ楽しみがあって、今住んで頂いているお客様のお子さんが将来どんな家を建てるのだろうと大変興味があります。 もし、そこでまた大工産を選んで頂けたらこれ以上に嬉しい事はありません。そうやってお客様と長〜く繋がっていける事が私の喜びであります。

ホーム
主任  小林 和義

入社して初めは木の多さに驚きましたが、様々な事を知っていく中で、性能の部分で必要不可欠だった事を知ってからはすっかり大工産の家の虜です。

自信をもって大工産の家を紹介出来ますが、大きな買い物になるので即決できない事は充分理解しているつもりです。

私は決して強引に押し進めたりするような事はしません。本当にお客様が大工産の良さを知り、納得した上でご購入して頂きたいと考えております。その為にはまずじっくりと時間を掛けて大工産を知ってもらう事。そうすると自然にお客様は大工産の家の虜になっています。

時にはお客様と一緒にお酒を飲みに行ったりもしながら、お互いが良い距離感でコミニケーションを図れるように心がけております。
ホーム
営業  柴田 岳登

お客様がどういう事を求めているのか?どんな事をしたいのか?ということををじっくりお話を聞く事を重要にしています。

難しいご依頼も多々ありますが、「ありがとう」と感謝されたときに、一番のやりがいを感じます。私自身のことで言えば、常に家族がみんなで集まれる家に住みたいと思っています。

そういう面でも大工産のお家は、どこにいても家族の声が聞こえてきたり、ぬくもりを感じられるお家なのでまさに自分の理想の家ですね。

将来は、もちろん大工産でたてるつもりです。

ホーム
設計部 係長  矢野 英樹

私の大切にしている事は、人によってライフスタイルは全く違うものなので、設計をして行く上で、お客様とのコミニケーションを親密にとる事を一番に重視しています。

お客様が、 「何に不便を感じているのか?」 「それはどうしたら改善されるのか?」 を世間話も交えながら深く聞き出し、考え、設計に取り組んでいます。

私たちはカッコいいだけの「作品」を作るのではなく、お客様の「過ごし方」に合わせた家造りをしなければなりません。

それこそが家族全員が喜ぶ最高の家で、これからも「過ごしやすい家づくり」ということをモットーに家を設計していきたいと思います。
ホーム
設計部 主任  吉田 佳代

映画を見るのが好きで、よく海外の映画を見たりしています。様々な映画を見る中でそこから影響を受けて設計の参考にしている事も多々あります。

事務所の改築をするお話を頂いた時も、実は映画から影響を受けてそのテイストで設計させて頂きました。個人的には北欧テイストの落ち着きのあるほっこりするような、可愛らしいお家が好きです。

家の性能を重視する事は勿論ですが、私の得意分野は外装や内装のデザイン面からをどうしたらいいかを常に工夫しながら設計に取り組んでいます。

受け渡しの際は緊張しますが、「頼んで良かった!」と目の当たりで喜んで頂けると本当にやりがいを感じます。

ホーム
工事部 部長  上利 和浩

現在、一般的に壁の仕上げ材がクロスであったり塗り壁が多い中で、木がそのまま仕上げ材として外に出ている美しさに魅力を感じ入社致しました。

本来は覆うべきところを、素のままの状態で見せますので一切の誤摩化しがききませんが、木のもつ本来の美しさを十分に表現出来る喜びがあります。本当にシンプルで正直な家づくりです。

また、建てて終わりではなく、その後の家のアフターメンテメンスは勿論のこと、お客様とのコミュニケーションも大切にしています。

自分の携わったお客様の家を偶然通りがかった時とか、ふと色んな思いが込み上げて来て、何とも言えない嬉しさがあります。
ホーム
工事  柿田 克己

以前はデザイン事務所で店舗住宅のパースを描いておりました。

だからこそ気づく事が多く、入社して一番凄いなと感じた事は、住宅が極めてシンプルという所です。めちゃくちゃ柔軟性の高い家だと感じました。

シンプルだからこそ、お客様自身でカスタマイズする事も出来ますし、 お子さんが大きくなったり、兄弟の数が増えて部屋の数を増やしたい時は間仕切りも簡単に出来ますので、 従来の建物を壊さずに活かしてうまく変えて行けるのは大きな魅力の一つだと感じております。

お客様のオーダーも十人十色ですので、一家族一家族に喜んで頂けるように細かい所まで気を配って毎日業務に努めております。

ホーム
総務  大山 美紀

まず大工産の事務所で実際に働いてみて、「木の家の温かさ」を身を以て実感致しました。

多くの女性の方が感じている、冷え性からくる身体の悩みもかなり軽減されます。そういったお客様目線での感覚的な良さなどをブログや、チラシ等でどう分かりやすく伝えて行くのかも私の重要な仕事です。

基本的には内勤なのでお客様とじっくりお話しさせて頂く機会はあまり無いのですが広告やチラシをみて反響があった時などはお客様と繋がりを持てた気がして喜びを感じます。

過ごしやすさや心地よさを、体感し、気づいた事をこれからもまだ知らない方に気づいてもらえる様に情報発信していけたらと思います。

ホーム
営業  宮﨑 真伍

もともとパティシエとしてお菓子を作ることを専門に10年以上働いていましたが
結婚を機にお家づくりに興味を持ち始めました。自分の家を建てるなら、自分も家づくりに関わりたいと思ったのがこの世界に入ったきっかけです。

木の持つ優しいぬくもりや、暖かい雰囲気に一気に引き込まれました。

実際に入社して、知れば知るほど大工産の家づくりは、奥が深く、そして広かったです笑。

お客様にとって人生で一番高いお買い物になると思いますので、絶対に後悔の残らないよう、どんな風にご説明するとお客様が分かりやすいか日々試行錯誤しております。今後もお客様に「あなたに任せて本当によかった」と心から喜んでいただけるよう、努めていきます。

Copyright © DAIKOUSAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.